カテゴリー[]

人の背丈よりも大きくなった耕作放棄地の茶畑

台湾で見た「野放(のほう)」の茶畑を彷彿とさせます。

良く伸びた茶の葉が摘みとれました。

 

白茶(はくちゃ)をつくりました。とはいっても5月中旬のことです。

すぐにでもブログに載せたかったですが、できたお茶が一定の評価がされるまでは人に言えないナーと思っていました。

 

一緒に台湾に行った仲間たち一緒にやりました。

 

白茶は蒸したり、揉んだりせずに、ただ置いておくか、天日に干すかしてつくるお茶です。究極の製造方法です。人の手を極力排した製法。

 

北斗の拳で言ったら無想転生、HUNTER×HUNTERで言ったら百式観音零の掌みたいなもんでしょ真顔

 

「こーれはむずかしいナー」と台湾視察旅行をしている時から思ったものです。

お茶というのはどのようにつくっても飲めるようにはなるものです。

蒸しも、揉みもしないのだから、味がめちゃ薄くなるということが予想されます。放置して萎調する方法を間違えれば、それこそ味も香りもないお茶になってしまいかねません

網の上に広げて萎調させているところ。

 

耕作放棄された茶畑を中心に6人で丸一日がかりで手摘みをして8キロ程度の生葉を摘み4日かけて、温度湿度の調整をしてみたり天日で干したり、最後に発酵を止める殺青(さっせい)、乾燥とやって出来上がりました。殺青では紅茶づくりの経験が、乾燥では緑茶づくりの経験が生きましたね。

 

今回の白茶づくりで威力を発揮したのがフェイスブックのメッセンジャーでつくり方のに疑問を持ったらメッセンジャーにアップしておくと視察旅行の時に通訳をしていただいた台湾在住のお茶の先生やその時に克明に記録をとっていてくれた仲間が答えをくれて、私はそれに従うだけでよかった面もあります。まさに「他力」によるお茶づくりでしたね。

 

台湾で茶葉研究所の先生に試飲していただき高い評価を受けたそうです。

ビギナーズラックと言うべきか初めての白茶づくりは予想外にうまくいきました。次回は、さらに良いものをつくれるのか、私の真価???が問われるところです(^^ゞ

パーマリンク

毎年恒例になっています。

亀山高校 総合生活科でお茶の淹れ方教室をやりました。

亀山市のお茶農家の団体である亀山市茶業組合の取り組みの一環で4月にこちらの生徒さんに手摘みをしてもらったお茶をおいしく飲んでいただこうということで、もう数年以上やっています。

 

中日新聞の記事にしていただきました。

 

料理など毎日本格的に学習している生徒さんに教えるのですから責任を感じますし、ましてや亀山高校は私の母校でもあります。後輩たちに何を教えられるのかー目ということで亀山市茶業組合の初もみ研修の時に生徒たち自らが摘んだ新茶を淹れて、さらに夏に向かって冷茶の淹れ方を教える中でどんなお茶でもおいしく飲めるコツを伝授したつもりでした。

口直しのお菓子を食べながらのんびりやっていたのが最後5分で急に松岡修造メラメラみたいに熱い講義になってしまったので、ちょっと怖かったかもしれません。

白熱教室(古い!)ともいえるが・・・こ、怖い・・・

 

 

 

 

パーマリンク

2月初旬に私の母校でもある地元の野登小学校の三年生対象にお茶の淹れ方教室を行いました。亀山市茶業組合の事業の一環です。

 

恒例となっている手もみ茶体験もやりました。

 

亀山市内の三年生はお茶の学習をすることになっていますので毎年野登小学校で行っているのですが、今年の三年生は9月に私のお店に手摘みに来てくれたり、亀の市(かめのいち)という農産物直売団体での給食試食会にも招かれてご縁が深かったですね。

11月に亀の市の生産者として給食試食会に招待されました。

 

人数も14人と少人数で親しみがわきました。そのせいかいつもの年よりスムーズにできた気がしました。日本茶インストラクターの中ではお茶の淹れ方の説明をするのをインストラクションというのですが、以前はあれも教えなきゃ、私は生産者だから栽培や製造のことも・・お茶をうまく淹れるにはこれは教えないとといっぱいいっぱい詰め込んでいました。それに目を離していると勝手に五煎目、六煎目と飲んでいくグループがいると私の指導力不足でプチ学級崩壊状態になっているーーーと自分を責めていました。しかし10年以上お茶の淹れ方を行ってきて、なおかつ直売所で濃いお茶でも渋いと言わずに飲み干す幼児、台湾での長い時間をかけて何煎でもお茶を楽しむ茶芸に接して、そうやってワイワイとお茶を楽しむのもいいもんだなと思えるようになりました。知識というのはどんなに教えても残るものは少ないが楽しんだ記憶は残るのだろうと思いました。

 

うーん頭の中が説教くさ~い、人はこうやって年を重ねていくのですねニヤニヤ

以前はお茶が渋いと感じさせるのはいけないことだと思っていました、今回は最後に熱湯で淹れて濃くて渋いお茶も体験しました。

 

パーマリンク

1月29日から2月1日まで台湾に行きました。

昨年、亀山市で行われたかめやま文化年2017の一環で行われた日本茶と台湾茶に交流行事で

一緒に活動した人たちを中心に台湾茶を知るツアーでした。

初日は鉄観音で有名な木柵(もくさく)や次の日は坪林(ピンリン)と台北市から車で一時間ほど走った山間地の生産直売の茶農家を訪ねました。

 

 

坪林(ピンリン)では生産直売の茶農家の緑光農園を訪ねました。そこのご主人の陳さんにいろいろな画像を交えた茶畑の様子や詳しいお茶づくりの模様を説明していただきました。ウーロン茶などの製造機械も見せていただきました。かねてから海外に行くならリアル農家を訪ねてみたいと思っていた私には願ったりかなったりでした。

自らお茶を淹れてくれる陳さん

緑光農園の台湾茶

 

 

「野放」と言われる茶の木の摘み取りを説明する陳さん

 

お父さんは台湾のパナソニックに勤めていたそうです。

日系企業出身のせいかオーガニックの認証取得のためか買い取って使っている工場は建物は古いけれども掃除は行き届いていました。

 

 

息子さんは台湾の東大!台湾大学出身でいったん就職した会社を辞めてお茶農家を継いでいるようです。

向かう途中の道路沿いの茶畑

 

ほんとに山の頂上のようなところで天空の茶畑と言えるようなところです。カメラマンが撮影した天国のような写真もありました。

お茶づくり体験とか観光農園的なこともやっているそうです。

 

お昼はお母さんのつくる手作り料理をいただきました。

強烈なにおいで好みの別れる臭豆腐を罰ゲーム的に勧めてくるのが印象的でした。

 

親子二世代でやってらっしゃいました。

 

 

緑光農園さんは2.5ヘクタールと規模はそんなに大きくなくオーガニックや野放(のほう)と言われる自然任せの栽培方法とっている一方、観光農園やカメラマンに依頼しての画像作り、週末のオーガニックマーケットの参加など人の良さそうな農家ののように見えて大手ビジネスマン出身だけあって考え抜かれたビジネスモデルと言えましたね。私もお手本にしたい農家でしたね。

飾ってある額は台湾茶の受賞の証だそうです。

 

息子さんに英語でここは理想的な農園で私も目標にしたいと告げました。

陳さんは撮影好きなためポーズも決まってましたね。

お茶のお勉強疲れが表情に色濃く映る私とは大違いでした。

パーマリンク

みなさーん!厳しい寒さ続行中!お元気ですかぁ?
そんな中、市川大楽園は、早々と春よ、来〜い!の春便り作りました。
温かい柿色を、ベースに、なんと今回、ミケ猫登場!まだまだ寒さは、続きそう。
それでもカチンコチンな日々のどこかにひっそりと春は近づいて来てるはず。

イラストの中にも紋黄蝶も飛んでますよ〜。
あったかいお茶でも飲んで、ほぉ〜っとひと息。
しばし心と身体もほっこりと。
どぞ、どーぞ、くれぐれも体調崩されませぬようご自愛くださいまし。

自動代替テキストはありません。
パーマリンク

お茶の試飲販売を行います。

久しぶりの地元開催です。

 

毎日寒い日が続きますね。

風邪やインフルエンザも流行っているようです。

お茶は飲むだけで風邪や

インフルエンザを予防する効果があるんです。

私(店主 市川泰三)もお茶の販売の時に

大量にお茶を飲むためなのか

丸一年以上風知らずです。

 

 

 

対面販売は開店時の9時より

 

昼過ぎまで開催する予定です。

 

好評のお茶の詰め放題もやります!

 

お茶の試飲は無料ですので是非お立ち寄り下さい。

 

 

 

店主 市川泰三の活動状況はこちら

「茶農家を楽しむ」

http://ameblo/chou-ryou

 

市川大楽園製茶のお茶が買える

ホームページはこちら

http://oishiiocha.com

 

 

 

パーマリンク

1月9日に手もみ茶道場の初もみを行いました。

 

今回はZTVさんの取材を受けまして

コミュニティチャンネル(12ch)で1月10日(水)18時から

1月12日(金)のお昼まで繰り返し放送される予定ですので

見られる方は見ていただきたいと思います。

 

取材のカメラマンの方は三重大生にそれぞれカメラを回しながらインタビューをしていました。研究テーマは~とか一次産業が~とか話しているので最後に話すことになる私は何を話そうか、うまく話まとめないとナー焦ってへんなこと話さないようにしないとナと身構えていたら、私の時はカメラもマイクも置いて、聞き取りだけでした真顔

昨年4月に手もみ茶に使用する生葉を手摘みしていただいた、三重大学の松井研、坂本研の方々にお礼の意味もあり、ご招待して手もみ茶の体験をしていただきました。摘んだ時期が早かったこともあり一芯二葉から三葉の素晴らしい芽でした。

 

初めての人2人と前回やっていた人1人と松井教授の合わせて4人の参加でした。

 

手もみ茶保存会からは私を含め4人でした。ホイロを二つ用意したので、人数に余裕なく初めての人もいて、つきっきりで教えていたので休む間もなく忙しかったですね。

 

私といたしましては何とかいいお茶を作らせてあげたいと

いろいろ考えてしまいましたね

『保存会のメンバーが揉むならこのタイミングで次の手さばきにうつるのだが、初めての人たちなので、早めに進めていこう』

だとか自問自答しながら教えていました。

重回転の時には松井教授も含め皆が黙って一心にお茶をもんでいる場面もありました。

お茶がいい手触りになってくると誰もが無口になり人と交代しようとしなくなるのは経験者でも初心者でも同じなんだなと感じました。

 

お茶の葉の良さもあって初心者がもんだとは思えないお茶ができました。

パーマリンク

12月13日に学童対象にお茶の淹れ方教室をやりました。

亀山市茶業組合の事業の一環です。50人以上の多くの学童対象でした。久しぶりに大人数相手で一年生から五年生までの幅広い年代対象でしたので、なるべくわかりやすくシンプルにやりました。小学校の授業ではないので教えるというより楽しんでもらう様にしましたが、こちらが言わなくともワイワイと三煎目まで飲んでもらうつもりが五煎、六煎と飲んでいました。

 

小さい子供ほどお茶の渋さを苦手としない。

 

今回もそう思いましたね。

幼児が試飲販売の時に大人向けに淹れた濃いお茶を飲んでも

渋さに顔をしかめることはありません。子供は正直なので緑茶の渋みが強いというのは決して味の欠点ではないと再確認しました。

何かによって後付けされて「緑茶は渋い≒おいしくない」

という先入観を生み出したのではないかと思う次第でありました。

 

 

今回は調子に乗ってクリスマスソングの演奏までやりました。

 

サックスの演奏では久しぶりだったこともあり何回かリードミス(演奏中高音の異音がなること)をしてしまいましたが子供たちの何人かはそのたびに飛び上って喜んで?いました。

子供って楽しむことの天才やねってつくづく思いましたニコニコ

パーマリンク

12月2日(土)にかめやま文化年2017“亀山茶と暮らす”の企画事業「台湾と日本の茶文化交流」が開催されました。

 

 

日本茶と台湾茶の8人の茶人に来ていただいて8つの茶席がもたれました。以前茶席を手伝わせていただいた櫻井焙茶研究所の櫻井真也さんも茶席をされていました。

 

集められた8人の茶人、8つの茶席は壮観なものでしたね

思わず七人の侍のテーマ曲が脳内に流れましたね。

茶席の前に櫻井焙茶研究所の櫻井真也さんによる呈茶もありました。

 

地元で「かめぶん」と言われる亀山市文化会館の中央コミュニティセンターで行われました。見慣れた場所が竹で飾られ異空間のようでした。

亀山文化会館の中央コミュニティセンターが竹で飾られた異空間に

 

私も地元の茶生産者として手もみ茶を披露させていただきました。

 

選ばれた茶人の集まったところで手もみ茶を披露するのは光栄であり緊張もしましたね。

一人用の電気ホイロで質問に答えながら揉みました。

 

謝シャオマンさんの台湾茶の茶席と海老名大樹さんの日本茶の茶席でお茶をいただきました。シャオマンさんには別れ際に「亀山で台湾茶を作って下さい。白茶なら簡単にできます。」と言われました。「作り方も売り方もわからないよ!」というとちょっと困った顔をなさいましたが、この人たちに聞いて下さいと、この日台湾茶席をしていた茶人、囍茶さん、堀口一子さんのほうを指して言いました。

「台湾茶かー。」

今まで遠く感じたものが近く感じた一瞬でした。

 

「市川泰三お茶の十番勝負 台湾茶編プロローグ」のような展開ですかねキョロキョロ

 

ペルーさんの台湾茶席。私も古樹茶をいただきました。

 

私も謝シャオマンさんの茶席をいただきました。

 

白茶と台湾のお菓子をいただきました。

パーマリンク

30台以上のホイロ(焙炉)が並んだ壮観な光景

 

11月22日京都の宇治茶会館にて全国手もみ茶競技会が行われました。

今回は私は競技会出場メンバーからは外れていました。

3年続けて出場したので一回休みというところでしょう。

じっくりと他県のチームを見て回れるいい機会だと思いました。

 

私の所属する三重県チームは11月17日に研修会を開催しました。

そこで今年手もみ茶品評会で一等一席、つまりそれぞれの茶畑で作ったお茶を手揉みして出品したコンテストで全国優勝した

奈良県の選手、U氏を招いて指導してもらいました。

U氏はまだ30代前半で若く、知りあった時からうまかったものの、以前は三重県に来て一緒に研修をしたこともありました。それが今や品評会優勝者のカリスマ性を帯びて我々三重県の手もみ茶保存会のメンバー全員が教えを乞うまでになったのでした。私はちょっと事情は違うけど水島新司の野球漫画ドカベンにでてくる谷津吾郎みたいだなと思いました。対戦相手を受け入れて一緒に練習をしてむしろ教える立場にあったのが、教えを乞うまでになり、三重県勢の最大のライバルとして立ちはだかったのでありました。

懸命にお茶を揉み上げる三重県の選手たち

 

U氏の揉み方はいくつかある手さばきを組み合わせた「ハイブリッド揉み」とも言えるものでした。三重県のメンバーはこりゃええ、今までより楽にうまく揉めるとばかりにその技術に飛びつきましたが私には一抹の不安もありました。急にとりいれたやり方で競技会にのぞんで今までの型を崩して成績がガタガタになりはすまいかと。

 

競技会のため京都に出発する前日にも私の手もみ茶道場でも出場メンバーの中で近くの者を集めて自主練習を行いました。

そこでもハイブリッド揉みで練習しました。

 

さて競技会の結果ですが全体25チームのうち三重県で一番成績の良いチームで6位でした。4位までが入賞ですので一歩及びませんでしたが今年は全体にレベルが高く6位ぐらいまでならどこが優勝してもおかしくない出来栄えでした。

今回指導をしていただいたU氏のチームより成績も良くスポーツ漫画さながらの展開でした。

 

私といたしましては1~2回の練習で新しい技を自分のものにしていた三重県手もみ茶技術伝承保存会のメンバーに舌を巻きました。

 

ともかく各県手もみ茶のカリスマ的な人物、伸びてきた若手、彗星のごとくあらわれた新人と人材に事欠かない日本全国の手もみ茶保存会でありました。

 

付け加えておきますが手もみ茶競技会は蒸して冷凍されたお茶の葉はほぼ同じ物を揉みます。

しかしながらホイロの具合や競技をする場所によって

有利、不利はありますので順位のいい悪いはめぐりあわせによることもあります。

ていねいに最後の手をいれる。

 

出来上がった手もみ茶 後は結果を待つばかり

 

パーマリンク