カテゴリー[仏事]

こんにちは。田中佛檀店です(^^)

2月も終わりが近づき、3月が近づいています。3月には春のお彼岸がありますね。

 

お彼岸といえば、おはぎ(ぼた餅)をお供えしたり、召し上がったりする方も多いと思います。今回のブログでは、おはぎ(ぼた餅)について書いていきます。ちなみに、当店社長もおはぎが大好きです(笑)

 

お彼岸におはぎ(ぼた餅)をお供えする由来は、小豆の赤い色は魔除け、邪気を払うと言い伝えられていたこと、昔は砂糖が非常に貴重で、砂糖を使用した食べ物は大きな節目や大切な日に振る舞われていたことなどがあげられます。

 

また、「ぼた餅」と「おはぎ」。2つの名前がありますが、「ぼた餅」は「牡丹餅」、「おはぎ」は「御萩」と書きます。それぞれ季節の花の名前が付いているのですね。つまり…

 

春のお彼岸→ぼた餅

秋のお彼岸→おはぎ

 

となるのですね。

 

形や大きさも、春の「ぼた餅」は牡丹の花のように大きく丸く、秋の「おはぎ」は萩の花のように小さく俵型と言われています。

 

さらにあんこも、「おはぎ」はこしあん、「ぼた餅」は粒あんという分け方だそうです。理由は小豆の収穫時期にあります。

小豆は種まきが4月~6月、収穫が9月~11月が一般的。秋のお彼岸は収穫したばかりの小豆で、皮まで柔らかく食べられるため粒あんとして使用し、春のお彼岸には小豆の皮が固くなってしまうため、こしあんとして使用したそうです。

 

まとめると…

●春のお彼岸→ぼた餅(牡丹餅)…大きく・丸い・こしあん

●秋のお彼岸→おはぎ(御萩)…小さく・俵型・粒あん

 

ということですねσ(゚・゚*)

あくまで由来や歴史ですので、現在は「おはぎ」のほうが一般的ですかね。

由来や歴史を知ると、また違った心持ちでお供えやお参りができるのではないでしょうか(-人-)

 

(参照) https://kinisuru.com/ohigan-ohagi-9398

 

 

 

当店には、おはぎのキャンドルもございます。春らしいさくら餅キャンドルや桜茶キャンドルも合わせてどうぞ(^-^*)

 

☆春のお彼岸幸せセール☆ を開催します!!

○期間: 3月1日(金)~24日(日) <7日(木)、14日(木)は定休日> 

※21日(木・祝)は営業致します!!

○時間: あさ9時30分~よる6時まで

伝統的な金仏壇、銘木・唐木仏壇、家具調仏壇をお彼岸セール特価にて御奉仕いたします!!

この機会をお見逃しなく!!

 

 

家族の幸せ、心にやすらぎ
田中佛檀店
TEL   0595-82-0282
FAX  0595-82-8979
メール  info@tanaka-butudan.com
U R L http://www.tanaka-butudan.com
〒519-0111 三重県亀山市栄町萩野1488-280

 

パーマリンク

お世話になった方やお知り合いの訃報を喪中はがきで知り、「喪中御見舞」としてその方にお供えするための品物をお買い求めのお客様が、11月頃から多く来店してくださいます。

その中でも多いのが、やはりお線香をご購入してくださるお客様です。故人へのお供えの定番であるお線香。今回は仏事におけるお線香について説明させて頂きます。

 

まず、お線香を焚く意味は何なのでしょうか。

宗派によって異なることもありますが、仏や亡くなった方は「香り」や「煙」を食べ物としていると言われています。つまり亡くなった方にとって、良いお線香の香りや煙はごちそうなのです。お仏壇にお供えする御仏飯やその他の食べ物も、香りや湯気を差し上げているということですね。また、お線香やお香の香りには空間の汚れを祓い、浄めるという意味もあるそうです。

 

また、お客様からよくご質問があるのがお線香の本数についてです。宗派によって異なり、浄土宗、臨済宗、曹洞宗、日蓮宗は1本、天台宗と真言宗は3本立てます。間違えやすいのが浄土真宗本願寺派(お西)、真宗大谷派(お東)、真宗高田派などの浄土真宗です。こちらはお線香を立てずに、適当な長さに折って寝かせます。

 

年末年始は、お仏壇やお墓にお参りする機会も増えるのではないでしょうか。お線香を焚く意味や作法を知っておくことで、いつもとはまた違った心持ちでお参りができるかもしれませんね(-人-) 

 

田中佛檀店のお線香の品揃えは県下トップクラスです!様々なメーカーの色々な香りの中から、お好みのものをごゆっくりとお選びください☆ お試し焚きもできますよ(^^)

 

☆田中佛檀店取扱いお線香・お香メーカー☆

玉初堂・薫寿堂・松栄堂・日本香堂・香林堂・大発・山田松・香彩堂・誠寿堂・カメヤマ・梅栄堂・孔官堂・梅薫堂・精華堂・長川仁三郎商店 等々

 

 

 

家族の幸せ、心にやすらぎ
田中佛檀店
TEL   0595-82-0282
FAX  0595-82-8979
メール  info@tanaka-butudan.com
U R L http://www.tanaka-butudan.com
〒519-0111 三重県亀山市栄町萩野1488-280

パーマリンク

 

9月20日(木)から、お彼岸に入っていますね。今年は20~26日までがお彼岸となっています。お彼岸に合わせて、お仏壇を綺麗にしたり、お墓参りに行く方も多いと思います。しかし、そもそもお彼岸について詳しくはわからない方もおられるのではないでしょうか。今回はお彼岸のことを少し説明させて頂きます(^-^)

 

お彼岸は「彼岸会」(ひがんえ)とも言い、春は春分の日を挟んで前後3日間ずつ、秋は秋分の日を挟んで前後3日間ずつのそれぞれ1週間のことをいいます。「彼岸」という言葉は、向こう岸を意味しており、仏の理想の世界であるこの世の向こう岸(浄土)に渡るために、それぞれの宗派の教えを守り修行に励む期間です。

 

約1200年前に諸国にあった国分寺の僧侶が、春と秋の2回、中日を挟んで前後3日間の計7日間に渡り仏をたたえてお経をあげたと伝えられています。それから次第に、一般の人にもお彼岸の法要として供養することが広まってきました。

 

お彼岸は盆のように特に決まった行事や飾りつけなどはありませんが、一般には中日やその前後に家族でお墓参りに出かけることが多いようです。また、お仏壇や墓前には季節の花や団子、おはぎなどを供えることが多いようです。

おはぎや秋の和菓子のローソクもございます!お供えにぜひどうぞ

 

お彼岸についてよく知ることで、これまでのお彼岸とはまた違った心持ちでお参りできるかもしれませんね(-人-)

仏壇・仏具をはじめ、仏事に関する質問、疑問は何でも田中佛檀店でお尋ね下さい。まごころを持ってご相談に応じます。

 

 

家族の幸せ、心にやすらぎ

田中佛檀店

本店   0595-82-0282

エコー店 0595-82-7676

FAX  0595-82-8979

メール  info@tanaka-butudan.com

U R L   http://www.tanaka-butudan.com

〒519-0111 三重県亀山市栄町萩野1488-280

 

 

 

パーマリンク

 

 

 

お客様から「仏壇をまつりたいけど、どういったタイミングで購入すればいいんやろ…?」というご質問をいただくことがあります。

具体的にはどういった時にお仏壇を購入するべきなのでしょうか?

 

お仏壇をご購入される動機は、ご家族のどなたかが亡くなったから、というものが多いと思います。

故人の位牌を適当に置いておくわけにはいきませんので、忙しい中慌てて仏壇を購入されたというお話をよく伺います。

 

一方で、お仏壇を家の新築の際に購入されるというのは、とても良い機会だと言われています。

購入した仏壇に合わせて仏間を造ることができますし、

新しいお家に新しく綺麗な仏壇を安置することはとても清々しく気持ちの良いものです。

 

 

それ以外にも、年忌法要に合わせて買い換えられる方も多いです。

仏壇の性根(しょうね)入れ(浄土真宗では入仏式ともいいます)と年忌法要を一度に済ませてしまうことが出来るので、合理的であるといえますし、ご親戚の方にも新しいお仏壇をおまいりしていただけます。

 

 

「誰も亡くなっていないのに仏壇を購入するなんて縁起が悪い」

「家の中に死者が出る」

このようなものは、全くの迷信にすぎません。

仏壇を購入するということは、仏様とのつながりが出来るという意味でおめでたいことなのです。

このような迷信にとらわれて、仏壇を購入する事を先延ばしにせず、仏壇をおまつりしたい、仏様に手を合わせたいという気持ちを大切にしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

家族の幸せ、心にやすらぎ

田中佛檀店

本店   0595-82-0282

エコー店 0595-82-7676

FAX  0595-82-8979

メール  info@tanaka-butudan.com

U R L   http://www.tanaka-butudan.com

〒519-0111 三重県亀山市栄町萩野1488-280

 

パーマリンク

 

 

お盆に見かける、きゅうりやなすの飾り「精霊馬」って何?

 

 

お盆の時期にナスの牛とキュウリの馬を作る風習は日本全国で知られていますよね!

 

古くから牛や馬は、私たち日本人の農耕生活の中で欠かせない動物でした。

盆棚に飾る牛や馬などは、そのようなかつての生活を反映したものであると言われており、お盆の時期には牛や馬を休ませて丈夫であるように祈った、とも言われています。

 

現在ではご先祖様の乗り物として解釈されるのが一般的で、盆棚の牛と馬はキュウリやナス、藁(わら)や苧殻(おがら)などで作られます。

 

 

江戸時代の文献に「七月十三日から十五日(旧暦のお盆。亀山市内でその名残が残っている地域もあります)まで、家々ではその先祖を祭り、そこには必ずナスの牛とキュウリの馬を飾る」と記したものもあり(藤森弘庵『春雨楼紙鈔』1851年)、この習慣は江戸時代にはすでに見ることができるそうです!

 

ナスはその形から牛、キュウリは馬と連想されてきましたが、実は地域によってナスが馬ということもあります。

 

お盆は地域によって本当に様々な風習があるので、それぞれの地域にあったやり方でご先祖さまをお迎えしましょう^ ^

 

 

 

当店では、ローソクの精霊馬もございます♪

 

 

精霊馬ローソク   734円(税込)

 

 

 

 

 

 

 

他にも、まこもや麻がら、たいまつなどお盆用品を揃えてお待ちしております!

 

 

 

 

8月19日(日)までお盆全力祭も開催中です。

今年のお盆は新しく綺麗なお仏壇でご先祖さまをお迎えしませんか?

人気のお仏壇が全力祭特価となりますので、この機会をお見逃しなく☆

 

 

 

 

 

 

 

お盆全力祭開催中!!!

お家族の幸せ、心にやすらぎ 田中佛檀店

本店   0595-82-0282     定休日:木曜日

エコー店 0595-82-7676

FAX  0595-82-8979

メール  info@tanaka-butudan.com

U R L   http://www.tanaka-butudan.com

〒519-0111 三重県亀山市栄町萩野1488-280

 

 

 

 

 

 

 

パーマリンク