『免疫革命』の著者 新潟大学医学部の、阿保 徹 教授は、現代の難病言われている「ガン・
アトピー性皮膚炎・膠原病」現代医学の治療法は、対処療法で、身体がもつている免疫力を徹底的にに
抑えこむもので、病気を根本的に、治すと言う目的には、本来そぐわないと、言われています。。

パーマリンク

免疫療法の第一人者 「阿部 吉伸先生(湖南メディカルクリニック新宿院 院長)
が曰く『NK細胞の活性を高めることが健康な身体を、維持する事になる』・・・鈴鹿医療科学大学での研究によれば、茶の《カテキン》がその役割をにないます。
食べるお茶『茶まるくん』を活用して下さい。

パーマリンク

日本初の女性農学博士辻村みちよ(1888~1969)さんが、昭和4年に緑茶の中の渋み成分
カテキンを初めて分離されました。カテキンは副作用が少ない物質です。体脂肪の燃焼・
抗酸化作用・インフルエンザの予防・動脈硬化・高血圧・糖尿病予防等・がんの予防にも
役立ちます。(インターネット カテキンの効能より)

パーマリンク

お茶を沢山ん 飲んでいる地方のヒトは、がんでの死亡率が低いと言われています。
アメリカでは、カテキンが、がんの予防に使われています。お試しください。

パーマリンク

当社のホームページをみて下さい。リニアル致しました。健康長寿を目指して健康寿命を短縮を
始めましょう。お茶を飲むより~食べましよう。静岡県のお茶の生産地はがんで亡くなるヒトが
全国平均のの1/5疫学研究で公表されています。

パーマリンク

活性酸素に関しては50年以上前に、アメリカの生化学者フリードビッヒ博士が
解明されました。以後世界各地で、研究が行われています。病気の90%は
活性酸素が原因だと言うことが判明しました。10%がウイルスの感染症です。
酸素は栄養分を分解して生きる為のエネルギーを作ります。酸素の一部が電子の
欠けた悪い酸素になります。これが活性酸素(フリーラジカル)です。次回へつづく

パーマリンク

新茶に感謝のです。茶の樹にしてみれば、「大きくなって行こうと、新芽を出したら
摘まれてしまった」。悔しいと、思いながらも、ヒトのお役に立つ事が、
出きたと、切り口から、涙、出す。茶の製造・販売に携わる者、自然の恵みに感謝して、
消費される方に、お届けします。

パーマリンク

年齢を重ねると、ストレスの蓄積・運動不足等で、活性酸素が蓄積します。
活性酸素を除去するには、カテキン類・ビタミンC・E、が最適
お茶が、お役に立ちます。お茶を飲んで下さい。食べるお茶『ちび茶ん・茶まるくん』で
体質の改善をしませんか。

パーマリンク

活性酸素を除去するには《カテキン類・ビタミンC・E・Aを含む、お茶を飲むこと》
【ちび茶ん・茶まるくん】がお手伝いをします。

パーマリンク