さてシンボル展示の話題に戻ります。

チーム松葉のメインさ作業会場は久居にある「斉藤商会」では洋菓子チームによるマジパン製の人形作りも行われております。
なので、制作会で会場に出向くといつも人形が並べられており、和菓子では出せない質感や表情を見ることが出来、非常に勉強になります。

また、目の前の細かい作業に没頭していると、どうしても個人での作業が多くなり、三重県全体で取り組んでいることを忘れがちになりますが、こうやって違うチームの作品を目にするにつけ、他のチームも頑張っている自分たちも負けずに頑張ろう!という気になります。

どうやら同族の匂いを感じ取ったようで、いつにも増してはしゃぐアダム。

みんなで力を合わせて頑張ろう!

パーマリンク

ここまで10本の記事を書いてきましたが、ここで少しブレイク。

何度も菓子博を宣伝してる割に大事な公式ページの紹介を忘れておりました。
こちらがお伊勢さん菓子博2017の公式ホームページ

↓↓はい、コチラのポスターをクリックドン!↓↓

こちらに菓子博の情報が全て乗っておりますのでご覧ください。

我々が携わる工芸菓子のシンボル展示は菓子博内のほんの一部
全国の菓子職人による工芸菓子の展示伊勢舞台という名のステージが設けられイベントも盛り沢山!

北海道~沖縄まで全国の自慢のお菓子がおよそ530社1800点も大集合「全国お菓子夢の市」、日本を代表する大手菓子メーカー、江崎グリコ・カルビー・不二家、ブルボン・明治・森永製菓・山崎製パン・ロッテによる趣向・工夫を 凝らし子供達も大興奮!「お菓子にぎわい夢横丁」などなど他にも盛りだくさん!

そして何と言ってもお菓子博、いろんな食べ物揃ってます!

休憩・一服・腹ごしらえ!なんでもござれ食べ物ゾーン!!

老舗和菓子メーカー6社による、江戸時代に旅人をもてなした茶屋を再現か?「おかげ茶屋
野点スタイルで抹茶と和菓子が楽しめる風情ある 「お茶席
スタイリッシュで開放感あるオシャレカフェを井村屋グループがプロデュース aiai café (アイアイカフェ)
三重県中心の名物グルメが大集合 「フードコート&食べ歩きおもてなし街道

↓↓見どころ満載!詳しくはこちらをクリック!↓↓

行くっきゃない! ふるい!

ちなみにコチラの動画1分15秒ぐらいからシンボル展示の説明があります!

行くっきゃない! くどい!

パーマリンク

順調に進むかと思われたチーム松葉ですが、問題発生!

緊急事態!

工芸菓子で非常事態宣言が発令されるときは相場が決まっております。
1 衝撃 2 湿気 3 虫
この三点。

1 振動や落下等による物理的な破壊やひび割れの発生

2 湿気によるモドリ現象
長期間展示保存される工芸菓子は乾燥させ極端に水分の少ない状態にしてあげなくてはなりません。
湿度の高い時期は油断大敵

3 害虫、食べもである以上虫が寄ってくることがあります。
湿気により固まっていた材料から蜜が出てきてしまった場合はアリが寄って来る場合もあります。

今回チーム松葉を襲ったのは2番 湿気!
松葉・幹ともにカラカラに乾燥させたものを使用して組み上げておりましたが、製作期間が長いとどうしても梅雨の時期を挟まなければ進めていけません。
そこで十分湿気対策を施していたつもりでしたが、一部が湿気てしましました。
乾燥剤や袋詰により、なんとかやり直しという最悪の状況は脱しましたが、予断は許さない状況。
幸い蜜が流れ出るほどではありませんでしたが要観察

こちらは湿気で松葉軸先端の芽が溶けてしまった様子

芽の部分の補修作業後

困難を乗り越えろ!

パーマリンク

未だ未練が断ち切れずにいるようですが、今では剪定に神経を集中し気を紛らわせているようです。

さて本題に…
松の幹への取り付けも順調に進み一本また一本と出来上がっていきます。
取り付けが終わると全体のバランスを見ながら、松束の塊と隙間のバランスを見ながら調整していきます。

アダムも遊んでいるように見えますが、松のバランスとスケール感を見出す為頑張ってくれています。

いいぞ!その調子でがんばれ!チーム松葉!

パーマリンク

気を取り直して本格的な取付作業に移ります。

写真のようにワニ口クリップで仮止めし、糸で巻き上げ枝に組み上げていきます。
前回お見苦しい場面をお見せしたアダムも、今回は真面目に取付作業のお手伝いをしてくれています。

枝が多ければ多いほど松組の作業が多くなります。
かと言って、このような蛮行に出てはいけません。

どうやら碧志摩メグに振られてヤケになっているようです…

そんなことで落ち込んでどうする!明日があるさ!

パーマリンク

横道にそれるとなかなか戻ってこれず、すみません。
枝に取り付ける前に最終仕上げとして組松葉を3つ合わせにして、1束のまとまりにします。
1枚が2枚、2枚が4枚とガマの油売りではございませんが、1束の組松葉を作るのに必要な松葉は…

1本 (1段に8本 × 4段) =32本
1束 (1段に8本 × 4段) × 3本 = 96本

この段階になると、制作会で集まったときに皆さんに伸ばしてもらった松葉をもらい、持ち帰って組松葉を組む、という流れができあがっていたのですが、頂いた松葉が恐ろしい速度で減っていきます。

それはも〜、ドンドン・ドンドン

頑張って頑張って

頑張って巻き終わったその傍らで、碧志摩メグにうつつを抜かすアダム…

オイ、仕事しろよ!
せめて「しま子さん」にしとけ!

パーマリンク

さて、前回は少し回り道をしましたが今回は幹に取り付ける準備にかかりたいと思います。

川嶋リーダーによる幹が完成し、こちらに組み上げた組松葉を取り付けていきます。 !?

ん?誰か居ますね?
紹介が遅れました、我らがチーム松葉のマスコット兼スケール比較用モデル「ADAMS・アダム」さんです。

彼のお陰で、時折このように並べて写真に取る事で松のスケールがより分かりやすくなります。
もともとマジパンで人形を作るときのモデルにと思いAmazonでポチりましたが、届いて手にした瞬間「我チーム松葉に参加してもらおう」とフッと頭をよぎりそれ以降、あらゆる場面で我らを和ませてくれています。
今後も時々「アダムの突撃写真レポート」で現れると思います。

って、松葉の作業はどうなってるの!!

パーマリンク

松葉が組み上がると続いて幹への取付作業。

と、その前に松をお菓子で作り上げるとお伝えしましたが、そもそもどういったもので作り上げるのか?
基本的に使われている材料は「餡平・雲平」と言われるもの。

餡平は大雑把に言えば固い練切
白餡を少し硬く練り上げ、お米の粉を混ぜ合わせた粘りの強い餡
食べ物でできた粘土様のもので厚みのあるものや、果実などの塊に適します。
松で言えば、幹本体、表面の化粧、松葉に使用。

雲平
水、粉糖、米の粉なを練り合わせたもの
主に花びらのような薄いものを作るときに使用します。

この動画に写る菖蒲と桜はシンボル展示作成にあたり三重県全域の菓子職人を対象とした勉強会で私が制作したものです。
桜の花びら、菖蒲の花びらが雲平で作られています。
枝や菖蒲の茎は餡平製

乾燥後は非常に脆く簡単に割れてしまいます。
薄くすればするほど花びらとしては本物に近づきますが、より脆くもなります。
そのあたりを絶妙なバランスで仕上げてあります。

松の作成では雲平の使用頻度は高くありませんが、餡平と貼り合わせ幹の表皮の再現に使用しております。

てな感じで出来上がったのがこちら

次回は本当に組み付けるぞい!

パーマリンク

中勢地区はチーム松葉として、兎にも角にも松葉づくり。
寝ても覚めても松葉づくり、仕事で手が空いたら松葉づくり、寝る前に松葉づくり…

ただひたすら手分けして松葉を作り出したわけですが、伸ばすだけでは松になりません。
ある程度の松葉が出来上がってくると、チーム松葉内を松葉づくり・幹づくり・組松葉づくりの3チームに別れました。
幹づくりはチーム松葉のリーダー川嶋氏
松葉組み上げ作業はサブリーダーの山川氏と同じくサブリーダーの私
残りのメンバーが引き続き松葉作成

一つの組松葉を作るのに使用する松葉は32本
伸ばすのにあんなに苦労した松葉も組み上げていくとあれよあれよと無くなっていく。
貯金や信用と同じく積み上げていくのには時間が掛かるが使うときは一瞬…

松を伸ばすが早いか、組むのが早いかチーム内の競争が始まる。

これでもまだチーム松葉の作業はほんの入口

間に合うのか?
どうする?どうなる?

パーマリンク

巨大なシンボル展示に携わることとなりましたが、サイズが大きいだけに参加者も多い
総勢100名以上での作業をスムーズにするため役割分担を決めました。

北勢地区は桜を作成
中勢i地区は松を作成
南部地区は建物・構造物を作成
洋菓子チームは人形作成
シンボル展示総監督の早川氏が自然造形物

以上5チームに別れ2016年年明けから本格スタート!
私は亀山市のお菓子屋として中勢地区に参加、松並木を全てお菓子で作るという課題。
しかも30本以上!!松葉に換算すると10万本以上!!!
手作業で一本一本延ばす、伸ばす、のばす…
どうする!どうなる?

パーマリンク