カテゴリー[]

「うまいんぢゃ」という名前のお茶は亀山市西町にある岡田屋本店さんのために作ったお茶です。

岡田屋本店は私の叔母の嫁ぎ先で、「うまいんぢゃ」を作った20年以上前は、私より4歳年上のいとこの岡田昌(おかだまさる)くんが店主をしていました。
岡田屋本店のオリジナルティーを作ってもらいたいということで作りあげました。
お茶は素朴な亀山の煎茶という感じです。煎茶の王道といったところでしょうか。

「うまいんぢゃ」の新しいラベル

 

名前は私が考えました。岡田屋本店らしい遊び心のあるネーミングにしたいと思い、いろいろと考えている中で製茶工場から車をバックさせて出るときに
ふと思いついたのを今でも覚えています.。

岡田屋本店にあったプリントごっこを借りて長い間ラベルを作っていました。家内が描いたイラストをもとに一枚一枚刷りました。微妙に違う色のラベルができました。その後プリントゴッコの部品が生産中止になりパソコンのプリンターで刷るようになりました。なのでその後は同じデザインのラベルになりました。

プリントごっこで刷っていた旧ラベル

その昌くんも10年程前に若くして癌で亡くなりました。
亀山市内のお酒と食品を扱うお店の後を継いでからそのお店を自然食や伝統食、伝統的なお酒にこだわった品ぞろえで根強いファンをつかみ、また様々なイベントを毎日のように仕掛けていました。そうして月の庭という自然食レストランを作り自然食を提供しライブも行うそのお店は多くの人に愛されました。

昌くん自身も舞踏や音楽・執筆・社会活動などなど私も全部は知らないぐらい、いろいろなことをやっていました。

昌くんが亡くなって10年経った今でも彼の人脈やつながりの人達に会ったり一緒に仕事をしたりすることが多いです。本当にこの人もそうか、あの人も、その人もって感じです

いとこなので生前はあまり感じてなかったですが、時間がたつほどものすごい人だったのだなぁと思います。

三国志で例えるならば「死せるマサル生けるタイゾウを走らす」

(死後10年以上にわたって)
というところでしょうか。

20年以上ぶりの新ラベルでいろいろ思うところがありました。

パーマリンク

9月1日土曜日「みどりのだいちにて、お茶の試飲販売会を行います。

開店時の9時30分から2時ぐらいまでは行う予定です。

お茶の詰め放題も行います。お茶の詰め放題は約380g 以上入って税込1080円と非常にお得です。

このお茶は一番茶ばかり使っていますので、渋さの中にも、まろやかな味が感じられるのが特徴です。

日常にたくさん飲んでいただけるお茶として最適だと思います。当日は私がめいっぱい詰めますので

さらにお得になります。

 

またまだまだ残暑厳しい季節ですので、私どものやぶきた粉茶のティーパックで作った冷茶もふるまいます。お茶を飲んでいただくだけでも結構ですので是非来てください。

 

「みどりのだいち」では久しぶりの開催になります。

店内の広いみどりのだいちではお茶を配らせていただいておりますので、

ご来店の皆様にお茶を飲んでいただけることになるでしょう。

ハリオのボトルに入れた冷茶は緑色が鮮やかです。

 

 

やぶきた粉茶ティーバッグ

冷茶の水出しも温かいお茶でもおいしく飲んでいただけます。

選び抜いた一番茶の粉を使用した使い勝手の良いティーバッグです。

20個入り 税込600円です。

 

9月8日(土曜日)には果菜彩鈴鹿店でお茶の試飲販売いたします。

その頃には残暑もゆるみ、さらにお茶の美味しい季節になっていると期待しています。

 

店主 市川泰三(いちかわたいぞう)

パーマリンク

今年も亀山kisekiの会の審査会を行いました。

毎年8月の末ごろに三重県亀山市内にある三重県茶業研究所で行われています。

私にとっては夏の終わりの風物詩のようになっています。

一番茶や二番茶の時期に作った紅茶を生産者が持ち込んでテイスティングをしました。

静岡にある農林水産省野菜・茶業試験場に研修生としていた頃の恩師でもあり

国産紅茶研究の第一人者でもある武田善行氏や

紅茶フェスティバルの実行委員長で紅茶専門店代表の堀田信幸氏

また三重県の普及員の人たちがティスティングを行いました。

今年もそうそうたるメンバーがそろいました。

それ以外にも堀田氏に持ってきていただいた

ジュンチャバリの紅茶や鹿児島産などの全国の紅茶、

三重県の鵜方紅茶もテイスティングしました。


私の作った紅茶も審査していただき一定の評価をいただきました。

紅茶づくりに関してろアドバイスもいただきました。

いろいろテイスティングされるときはドキドキでしたね。

マスカテルフレーバーとはます果物のマスカットそのもののことではなく

マスカットから作ったお酒の香りというのが由来らしい。

マーガレットホープは名前が良いこともあって売れている。

キャッスルトンは商売上手!?などなど紅茶アドバイザーとしても

興味深い話がいろいろ聞けましたね。

パーマリンク

8月25日土曜日に果菜彩亀山店の感謝祭にて、お茶の試飲販売会を行います。お茶の詰め放題も行います。お茶の詰め放題は約380g 以上入って税込1080円と非常にお得です。このお茶は一番茶ばかり使っていますので、渋さの中にも、まろやかな味が感じられるのが特徴です。日常にたくさん飲んでいただけるお茶として最適だと思います。当日は私がめいっぱい詰めますのでさらにお得になります。またまだまだ残暑厳しい季節ですので。私どものやぶきた粉茶のティーパックで作った冷茶もふるまいます。お茶を飲んでいただくだけでも結構ですので是非来てください。

もちろん私の店主である私の顔を見ていただくだけでも結構です。土曜日なので農作業の手を休め販売に行きます。私どもが茶畑から作ったお茶をお客さんに直接販売できるので喜びも大きいです。お茶農家冥利に尽きますね。

ハリオのボトルに入れた冷茶は緑色が鮮やかです。

 

店主 市川泰三(いちかわたいぞう)

パーマリンク

夏の暑さもようやく一段落しました。

水ではなく冷茶を飲んでもいいかなという気候になったと思われます。

そこでちょっと前になりますが8月4日の亀山市納涼大会での

亀山市茶業組合の冷茶のふるまいの模様を紹介したいと思います。

昨年も冷茶の入れ方を写真付きで紹介しましたが今年はその復習ということで

ざっくりと流れだけですウインク

 

今回は一度にたくさん冷茶を入れられるように大きな急須を使いました。亀山市納涼大会k

 

 

まず急須に普段の倍を目安にお茶を入れます。

 

ポットにロックアイスと水を入れてつくった冷水を注ぎます。

 

 

一煎目は四分間待ってから淹れます。

途中でスプーンで適当にかき混ぜます。

 

 

時間になったらさらにスプーンでかき混ぜてピッチャーに注ぎます。

 

 

二煎目も冷水を注ぎ今度は2分待ちます。途中適当にかき混ぜます。

 

そして一煎目と二煎目を同じピッチャーに注いだら出来上がり。

一煎目と二煎目を合わせることにより

うまみとわずかな渋みのバランスの取れた味になります。

 

 

慣れてきたので二刀流で注いでいますてへぺろ

 

無料のふるまいとはいうものの年々美味しい冷茶で喉を潤すのを

楽しみにしている人が増えているように感じました。

適当に入れているように見えますが日本茶インストラクターの私も含め

日本茶インストラクター3人による贅沢なお茶のふるまいです。

今年も100 g あたり1000円以上の高級なお茶を使って淹れました。

この冷茶の淹れ方は高級なお茶をたくさん使いますが

ご家庭に余っている高級なお茶を使い切ることができますし

雑味のないすっきりとした味にになりますので夏はおススメです。

納涼大会での冷茶のふるまいは来年も続けていきたいと思っています。

 

パーマリンク

8月7日には亀山市茶業組合の取り組みとして,
また亀山市の行う「出前トーク」として
お茶の淹れ方教室をやりました。
私が講師を務めました。

 

8月は団体の集まりが多くるようで

お茶の淹れ方教室を頼まれることが多いです

亀山市の退職者の方々の団体で行いました。 .
総会の時に毎年配られるお茶をおいしく飲みたいという
御希望でしたのでいかにお茶を美味しく飲むかということに
特化した淹れ方教室を行いました。

「お茶の淹れ方は料理と同じと考えてレシピ通りに淹れれば

同じように淹れることができます」と言って淹れ方教室を始めました。

このようなプリントをを配りました。

 


パンフレットなどに載っているお茶の入れ方はお湯の量などの数値が曖昧だったり

読んだものによって数値が違ったりすることが多いので私が基準を決め

それをもとに淹れていただくことにしました。

この四つの要素を意識して淹れればお茶を自分好みに美味しく淹れることができます。

今回は特にお湯の温度70℃というのにこだわってお湯の温度が

70℃の時の湯呑を持った時の温度は、思ったより熱いということを

体感してもらうために放射温度計で測った70℃の温度のお湯を

入れた湯呑を触ってもらいました。


もちろんどんなお茶でもこの基準でいいというわけではありませんが

お茶の種類が変わったり、好みと違う味になった場合は

この数値を変えていけば良いのです。

「いつも温度計で測ったりするのはカッコ良くはないかも知れませんが

一度は測って体感して覚えておくと良いと思います。」

と言って淹れ方教室を終えました。


この日は冷茶のつくり方はやりませんでしたが。
自作のプリントだけは配布しました。
このプリントの中の数値は適当でしたニヤニヤ

パーマリンク

7月には紅茶をつくっていました。

台湾に一緒に行った仲間と5月の白茶づくりに続き

紅茶もつくりました。一日目に摘み取って二日目に揉むので

かなり日数をかけました。

リアル耕作放棄地とも言える荒れた茶畑、

しかも炎天下、紅茶の摘み取りは困難を極めた。

 

仲間と摘んだ紅茶は耕作放棄された茶畑で摘んだので

高さこそそんなでもなかったですがうね間に枝が張り出して

入っていくのも困難なところでした。私は他の仕事もあったので

半日でギブアップしましたが。

他の人たち数人で猛暑の炎天下の中、摘み続けてくれました。

萎凋棚に広げられた茶葉

 

仲間の紅茶は茶業研究所の少量の揉念機(じゅうねんき)でつくりました。

これがアンティークなオブジェのようにかわいらしかったです。

四連の揉念機がくるくる回って動きも面白いです。

生葉で500g程度しか入らないこともあり

紅茶製造は一日がかりでした。

一緒にお茶づくりをしているショップオーナーが

見た目の可愛さのあまりディスプレイに欲しいと言った

四連の少量の揉捻機。

一口に500g生葉500g程度しか入らなかった。

揉捻機は小さいがいい仕事してくれます。

 

発酵していい香りがしています。

緑茶用の審査道具で、テイスティング。

手摘みのいい紅茶が出来ました。

 

耕作放棄地の茶畑を手摘みしたため出来たのはほんの少しでしたが

茶業研究所から紅茶の製造機械をお借りできたこともあり

いい紅茶が出来ました。

 

パーマリンク

人の背丈よりも大きくなった耕作放棄地の茶畑

台湾で見た「野放(のほう)」の茶畑を彷彿とさせます。

良く伸びた茶の葉が摘みとれました。

 

白茶(はくちゃ)をつくりました。とはいっても5月中旬のことです。

すぐにでもブログに載せたかったですが、できたお茶が一定の評価がされるまでは人に言えないナーと思っていました。

 

一緒に台湾に行った仲間たち一緒にやりました。

 

白茶は蒸したり、揉んだりせずに、ただ置いておくか、天日に干すかしてつくるお茶です。究極の製造方法です。人の手を極力排した製法。

 

北斗の拳で言ったら無想転生、HUNTER×HUNTERで言ったら百式観音零の掌みたいなもんでしょ真顔

 

「こーれはむずかしいナー」と台湾視察旅行をしている時から思ったものです。

お茶というのはどのようにつくっても飲めるようにはなるものです。

蒸しも、揉みもしないのだから、味がめちゃ薄くなるということが予想されます。放置して萎調する方法を間違えれば、それこそ味も香りもないお茶になってしまいかねません

網の上に広げて萎調させているところ。

 

耕作放棄された茶畑を中心に6人で丸一日がかりで手摘みをして8キロ程度の生葉を摘み4日かけて、温度湿度の調整をしてみたり天日で干したり、最後に発酵を止める殺青(さっせい)、乾燥とやって出来上がりました。殺青では紅茶づくりの経験が、乾燥では緑茶づくりの経験が生きましたね。

 

今回の白茶づくりで威力を発揮したのがフェイスブックのメッセンジャーでつくり方のに疑問を持ったらメッセンジャーにアップしておくと視察旅行の時に通訳をしていただいた台湾在住のお茶の先生やその時に克明に記録をとっていてくれた仲間が答えをくれて、私はそれに従うだけでよかった面もあります。まさに「他力」によるお茶づくりでしたね。

 

台湾で茶葉研究所の先生に試飲していただき高い評価を受けたそうです。

ビギナーズラックと言うべきか初めての白茶づくりは予想外にうまくいきました。次回は、さらに良いものをつくれるのか、私の真価???が問われるところです(^^ゞ

パーマリンク

毎年恒例になっています。

亀山高校 総合生活科でお茶の淹れ方教室をやりました。

亀山市のお茶農家の団体である亀山市茶業組合の取り組みの一環で4月にこちらの生徒さんに手摘みをしてもらったお茶をおいしく飲んでいただこうということで、もう数年以上やっています。

 

中日新聞の記事にしていただきました。

 

料理など毎日本格的に学習している生徒さんに教えるのですから責任を感じますし、ましてや亀山高校は私の母校でもあります。後輩たちに何を教えられるのかー目ということで亀山市茶業組合の初もみ研修の時に生徒たち自らが摘んだ新茶を淹れて、さらに夏に向かって冷茶の淹れ方を教える中でどんなお茶でもおいしく飲めるコツを伝授したつもりでした。

口直しのお菓子を食べながらのんびりやっていたのが最後5分で急に松岡修造メラメラみたいに熱い講義になってしまったので、ちょっと怖かったかもしれません。

白熱教室(古い!)ともいえるが・・・こ、怖い・・・

 

 

 

 

パーマリンク

2月初旬に私の母校でもある地元の野登小学校の三年生対象にお茶の淹れ方教室を行いました。亀山市茶業組合の事業の一環です。

 

恒例となっている手もみ茶体験もやりました。

 

亀山市内の三年生はお茶の学習をすることになっていますので毎年野登小学校で行っているのですが、今年の三年生は9月に私のお店に手摘みに来てくれたり、亀の市(かめのいち)という農産物直売団体での給食試食会にも招かれてご縁が深かったですね。

11月に亀の市の生産者として給食試食会に招待されました。

 

人数も14人と少人数で親しみがわきました。そのせいかいつもの年よりスムーズにできた気がしました。日本茶インストラクターの中ではお茶の淹れ方の説明をするのをインストラクションというのですが、以前はあれも教えなきゃ、私は生産者だから栽培や製造のことも・・お茶をうまく淹れるにはこれは教えないとといっぱいいっぱい詰め込んでいました。それに目を離していると勝手に五煎目、六煎目と飲んでいくグループがいると私の指導力不足でプチ学級崩壊状態になっているーーーと自分を責めていました。しかし10年以上お茶の淹れ方を行ってきて、なおかつ直売所で濃いお茶でも渋いと言わずに飲み干す幼児、台湾での長い時間をかけて何煎でもお茶を楽しむ茶芸に接して、そうやってワイワイとお茶を楽しむのもいいもんだなと思えるようになりました。知識というのはどんなに教えても残るものは少ないが楽しんだ記憶は残るのだろうと思いました。

 

うーん頭の中が説教くさ~い、人はこうやって年を重ねていくのですねニヤニヤ

以前はお茶が渋いと感じさせるのはいけないことだと思っていました、今回は最後に熱湯で淹れて濃くて渋いお茶も体験しました。

 

パーマリンク