カテゴリー[]

アンジェロたちの後でウーフという農業体験で来たのがにスウェーデン人のヤンナという女の子でした。

ヤンナは19歳と若かったですが170cm 以上ある体躯を生かして力仕事でも頑張ってくれました。

 

植え付け作業、頑張ってくれました。

作業の合間に休憩しているところ

 

休みの日には娘と一緒に関宿を訪ね

散策をして楽しみました。

 

関宿の町屋の前にて

関宿にあった顔ハメ。今もあったような・・・

 

今、小青柑づくりを一緒にやっている而今禾(じこんか)さんのカフェに行ってゆっくりしました。

 

街並み保存をしているから当たり前かもしれませんが関宿の町並みは今もほとんど変わっていないのが素晴らしいですね。

 

ヤンナは北欧出身だからという

わけでもないのでしょうが、立派な体格で力仕事も男性並みで

20キロの肥料袋も難なく運んでいましたね。

 

写真を見返すと妖精のような美少女ですねー。

 

3月の忙しい時期だったのでアンジェロたちほどあちこち連れていけなかったので、ちょっと申し訳なく思っています。

 

 


10年前、而今禾のカフェにて

パーマリンク

前回取り上げた関宿ですが11月に外国からの友人が来た時にも訪ねました。

アメリカの友人アンジェロはウーフという農業体験のような制度で

10年以上前に私のところで1ケ月以上仕事を手伝ってくれました。

仕事の合間には、あちこちの温泉に連れていったり

地元の小学校でアメリカでの生活を話したりしました。

それから家族ぐるみの交流を続けて2年ぶりに我が家を訪ねてくれたのです。

10年以上前、小学校でアメリカでの生活を話すアンジェロ

と彼の弟のテイラー、2人で旅行をしていた。

当時は20歳の若者だった彼も30を越え、

今はワシントンDCで大学向けの映像制作をしています。
今回はタイでの取材の前に日本に立ち寄ってくれました。

関宿に行ってみると公共の施設が前よりも増えているような気がしましたね。

東追分の鳥居、伊勢神宮内宮の鳥居を移設したものです。

 

夕暮れの山並みと関宿を一望しました。

和菓子甘味の食べ歩きをしましてしました。
「志ら玉」というあんこ餅や「関の戸」では、ちょうど店主の服部さんも見えて流暢な英語でアンジェロと話していました。その時に「せきみせ きちえもん」の話も聞いたのでした。

その後、紅茶専門店「アールグレイ」にも行きました。

そこでは記念写真まで撮ってくれました。

 

夜はとっぷり暮れてくれましたが会津屋というお食事処を格子戸から覗くと

まだ私の知り合いの女性店主がきびきびと働いているのが見えました。

コーヒーでも飲んで行こうと思いましたが

ここまでの食べ歩きでお腹がタプタプになっていたので

残念ですが見送りました。

とっぷり暮れてから町並み保存のためか街灯もほとんどない

関宿の街道を歩きながら心は江戸時代にタイムスリップしていましたね。

 

京都を離れた幕府の要人に尊攘派の暗殺者が路地から・・・

などという妄想をしながらアンジェロとナイトウォークを楽しみました。


紅茶専門店「アールグレイ」での一コマ

パーマリンク

昨日は亀山市にある関宿の銘菓「関の戸」で有名な深川屋さんに頼まれた作業をしました。

関宿に12月15日にオープン予定の「せきみせ きちえもん」前に
お茶の苗で生け垣を造りました。伊勢茶の生け垣です!!
 

関宿の地蔵院の前の一番目立つところにあります。

店内はまだ準備中でした

私がお茶農家のつてをあたって80 cm にもなる大きなポット苗を探して植えました。
関の地蔵院の前という目立つところでの植木屋デビューとなりました!?

この関宿でも目立つところを私がですか?!

少なくともまっすぐ植えなければ・・

手早くきれいに仕上げたいという一心でやりました。
寒風吹きすさぶ中集中してやりました。

観賞用によく育ったやぶきた種のポット苗

風の強い日で補強が必要だろうと思っていたら

今のところちゃんと立っていました。

店の周りを見て回る深川屋の主人

中日新聞の取材を受ける深川屋の奥様

 

このお店は関宿の新名所になることは間違いないと思います。
公共の駐車場も近く来やすいです。

文化庁も絡んだ文化的な建物を使用しています。
地元関宿の物産と三重県の店主が自らの人脈で集めた

三重県の物産が一堂に集められているとのことです。

市川大楽園製茶のお茶もそれらの品に交じって少しばかり

置かせていただく予定です。

私も外国の友人が来ると必ず関宿に連れてきます。
家から車で10分と簡単に来れて風情があるし

食べ歩きもできて
知り合いも多いので
私にとってはリラックスできるいい場所ですニコニコ

 

パーマリンク

10月10日にみずほ台幼稚園の年長児19人が私のお店の前の茶畑でお茶の手摘み茶の体験をしました。

 

亀山市茶業組合の事業の一環で行いました。

 

幼稚園の子供たちを対象にするのは私にとって初めてのことでした。

うまく伝わるのかと不安な面もありましたが、みんな元気いっぱいで、かわいらしかったですね。

 

子供たちは虫も気にもせず茶畑に入っていきました。

子供たちの背たけほどもある畑から摘んでいます。

 

難しいことは言わずに

まずは秋の番茶の手摘みを

してもらいました。

 

秋の番茶らしく葉全体が深緑色になってきていたので先のほうの黄緑色の柔らかい芽を摘むように言いました。

 

秋の番茶は深緑で硬い葉も摘むのだけれど、電子レンジでお茶づくりをしようと思うと柔らかいほうがうまくお茶になりそうだったからです。

 

9月に小学生が来た時のようにその場で摘んだお茶の葉を使って電子レンジでお茶にしました。

 

慣れたせいもあって

今回のほうがうまくできたように思いましたウインク

コツは早く乾かそうと焦らずにじっくりとやることです。

 

園児たちは目の前でできたお茶に興味津々でした。

 

みんなが素手でお茶を持って鼻に近づけて香りをかいでいました。

 

自分で摘んだお茶の葉をレジ袋に入れて持って帰ってもらったけど、飲めるお茶になったかなぁ。

 

 

パーマリンク

これも9月中のことですが、店舗と自宅の前の庭の樫の木が伸び放題になっていたのでおそらく2年ぶりにチェーンソーで枝を払いました。

風通しもよくなり、出入りする車も見られやすくなり安全になったと思います。

 

2日またいだ作業をスマホで撮影してみました。

(音ははじめと終わりにしかありません。)

 

秋晴れのいい日でした。

 

伸びすぎた上のほうも刈りたいと思っています。

パーマリンク

9月20日に二年続けてやっている。お茶摘み体験をやりました。

亀山市茶業組合の事業として野登小学校の三年生の子供たちに

秋の新芽の手摘みをやってもらいました。

良く伸びた秋の新芽の手摘みしました。

 

今年はとにかく天気に恵まれて秋晴れのもとやれましたので

良かったです。

今回も電子レンジを使ってお茶づくりをして

その場で急須でお茶を入れてみんなで飲みました。

昨年までは多少薄かったのを反省して2分間待って濃く淹れました。

 

何人かの子がおいしいと言ってくれました。

午後は学校の調理室でお茶づくりをやってみたそうです。

 

 

 

 

 

昨年までのブログを見たら、電子レンジでお茶を作る方法が

ていねいに書かれていましたウインク.

 

2018年の記事

https://ameblo.jp/chou-ryou/entry-12407901657.html?frm=theme

 

2017年の記事

https://ameblo.jp/chou-ryou/entry-12314360691.html?frm=them

 

 

パーマリンク

9月初旬には亀山市茶業組合の事業として

 

亀山西小学校でお茶の淹れ方教室をやりました。

 

私がトリプルヘッダーと呼んでいる

 

午前中に三年生の3クラスのお茶の淹れ方教室の授業を

 

3回やりました。

おいしいお茶の淹れ方の実演をやっています。

小学校三年生の子供たちは楽しんで淹れていました。

 

何回やっても練習が必要で前日の日曜日に

 

ほぼ一日がかりで準備をしました。

 

へとへとになりましたが、かなり教えるのがうまくなったように

 

思います。

 

その日曜日に練習ついでに小学生向けにお茶の淹れ方の動画をスマホで撮ってみました。

 

お茶のおいしい淹れ方も人によっていろいろですので

 

突っ込みどころ満載ではあるでしょうが

 

こんな感じでしゃべっていますということで。

 

 

パーマリンク

8月いっぱいブログをお休みしてしまいました。

これからまた、再開したいと思います。

8月1日には亀山市安坂山町にある F 4の畑を整備しました。

 

普段からジコンカさんの仕事をしているAくんと二人での作業でした。

image

伸びた枝を払う私
image

image

茶畑の中に入って作業するAくん

 

耕作放棄茶園は茶の木が伸びて中に雑草はほとんどありませんでした。

中は茶の木のドームのようです。最初作業がしやすい普通の茶畑の高さか、

高くても人の手が届くぐらいの高さの茶畑にしようと思いチェーンソーを持って中に入って行きました。

しかし、、このままのきれいさを生かした茶畑にしたいとその場で考えを変えました。

image

image

中は雑草はほとんどなくきれいになっている誰か管理していたのか?

風の谷のナウシカで腐海の底は清浄な世界が広がっていたように耕作放棄された茶畑のドームの中にこんなきれいな世界が広がっていたとは。

ただ耕作放棄された茶畑がこのようになるわけではありません。樹勢が強く雑草が伸びる前に茶の木が伸びて日陰になったのでこのようになったのでしょう。

パーマリンク

二番茶の後に茶畑を刈り落して

 

枝が赤く見えてきたところが三番茶の芽が出て

 

「フタをした」状態になりました。

 

二番茶の後深く刈り落した茶畑が

 

三番茶の葉におおわれるようになったことを

 

お茶農家たちは「フタをした」と言いました。

 

鍋にフタをしたような状態ということなのでしょう。

三番茶が伸びてきてフタをした状態

 

 

刈り落した直後の茶畑

 

二番茶を収穫していない私どもの茶畑は早く刈り落し始めたので

 

6月中には刈り落しが終えられました。

 

なるべく早く刈り落して三番茶の伸びる期間が長くとれる方が

 

生育に有利と思われます。

 

梅雨が明けると極端に雨が少なくなるので

 

ちょっとでも芽を生育させておきたいということでもあります。

 

以前は二番茶を収穫しないという事でちょっと出てきた

 

柔らかい葉が乗用摘採機に詰まって刈り落すのに

 

普通の茶農家より時間がかかり

 

7月末頃までかかって必死に刈り落していました。

 

 

今は先輩お茶農家が使っていた自作の刈り捨てシュート

 

(乗用摘採機の取り付ける刈り落すための装置)をゆずり受けて

 

生葉がつまることも少なくなりずいぶん早く

 

刈ることができるようになりました。

 

 

その刈り捨てシュートがなければ

 

そもそも二番茶を収穫しない栽培方法は成立しません。

 

「こんなのあるから使ってみる?」と自作の刈り捨てシュートを

 

ゆずっていただいた先輩お茶農家の方には

 

感謝しかありませんチュー

 

ゆずり受けた刈り捨てシュートをつけた乗用摘採機

 

パーマリンク

私の母が少しですが毎年スイカをつくっています。

 

今年は梅雨が長かったせいもあり

 

ツルだけは例年になく茂っていました。

 

スイカは少なそうで直売所などに出荷するほど

 

数がなさそうでした。

 

 

とりあえず我が家で食べようということになりました。

 

だんだん収穫量が増えてきたので食べても食べても

 

常に丸々二個のストックがあるという状態です。

 

スイカ王国です。

 

真夏に喉をうるおすために

 

大量のスイカにかぶりつけるのは

 

ホントに幸せなことです。

 

スイカの季節が最終になった頃

 

気が向けばスイカちょうちんをつくって遊びます。

 

2014年 大人になって初めてスイカちょうちんづくりに挑戦
 
現在ではスイカカービングなどもっと凝ったこともするみたいですね。
私の知識は45年以上前の「学研の科学・学習」で止まってようですね。
 
(とはいえ)スイカちょうちんのつくり方はこちら↓
 
image
異様に茂ったスイカ畑

 

2019年、今年のスイカ

image
2018年の収穫状況

2017年スイカを手に持つ私

 

2017年にスイカちょうちんのつくり方をブログにまとめた

 

 

例年なにげに撮っている写真を見ると自分自身のスイカ愛を

 

感じますね笑い泣き

 

 

パーマリンク