いせのお茶は今より1200年前 玄庵和尚が【現四日市水沢の一乗寺】弘法大師より頂いたお茶の実を庭に蒔かれ育てられたのが始まりです。

若葉の恵み 初夏のかほり 邪気を払い 活力みなぎる めざめのお茶(煎茶)

つかの間の やすらぎ 憩う時 心休める 三時の茶(玉露)

一日の疲れを癒す 至福の時 からだ休める 夜のお茶(カフエィンの少ないほうじ茶)

パーマリンク

栄西禅師の喫茶養生記に(茶は養生の仙薬なり・延齢の妙術なり山谷之を生ずればその地神霊なり人倫之を採れば、長命なり)食べるお茶 ちびちゃん・茶まるくん・みろくを//自然栽培茶(目覚めの茶)香りと成分が違います。

パーマリンク